top of page
  • 斉藤接骨院

POLICE処置

更新日:2023年12月1日

ケガをしたら速やかにRICE処置が大切です。


氷で冷やすこと・包帯を巻くこと・週刊誌を副え木代わりにしたり装具やサポーターを使うことなど、出来る範囲で固定して早く専門家にかかることです。


C(圧迫)に包帯や装具などの固定の意味が入っているものと思っていたのですが、


Protection(保護)のPに分類されるそうです。


また、徐々に経過とともに体重を乗せて動いていくことや負荷をかけて可動域を広げていくことを


Optimal Loading(最適な負荷)の頭文字を取ってOLと呼んでいるようです。


例えば、足や脚のケガで来院されたケースでは包帯や副子(副え木)固定したあと、松葉杖を使いながらでも少しずつ荷重していく方が早く回復することが多く見られます。


色々なケースがありますので全てではありませんが、状況を見ながら徐々に負荷を掛けて動いて頂きます。


今ではコレをPOLICE処置と呼ぶようです。


#POLICE処置#RICE処置

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

しゃがめないお子様への施術方針

しゃがめない小児に対する接骨院での治療方法については、個別の症状や原因により異なります。当院ではお子様の状態を把握し、適切な治療計画を提案します。以下は、一般的な治療方法の例ですが、具体的なケースにより異なることに留意してください。 姿勢評価と調整: 患者様の姿勢を評価し、異常があれば調整を行います。特に脊椎の歪みや骨盤の不調和がしゃがめない原因となる場合があります。 運動療法: 物理療法や運動療

側彎症へのアプローチ法

側湾症は脊椎が横方向に曲がる異常な状態であり、この状態が進行すると姿勢や身体のバランスに影響を与えることがあります。接骨院は、その症状や痛みに対する整体療法やリハビリテーションを提供する場として、側湾症の患者様に対して効果的なケアを行います。 1. 初回診察と姿勢評価: 接骨院では、初回の診察で患者様の側湾症の症状や生活習慣について詳しく聞き取ります。そして、姿勢評価を通じて脊椎の歪みや異常を確認

しゃがめない子供さんの背後に潜む謎:理解とサポート

1. 神経発達の遅れと影響 しゃがめない子供の一因として考えられるのが神経発達の遅れです。神経系の発達が適切に進まないと、姿勢制御や運動機能に影響が出ることがあります。早期の発見と適切なサポートが重要です。 2. 筋肉や関節の制約 筋肉や関節の動きの問題がしゃがめない理由の一つです。これには先天的な問題・外傷や外傷後の経過などが関与することがあります。物理療法や運動療法が有効であり、個別のケースに

Comments


  • Twitter
bottom of page