top of page
  • 斉藤接骨院

手の痛みには

更新日:2019年9月26日

毎日使う手指。


痛くなると、動作や日常生活が不安になることもあると思います。


突き指や腱鞘炎など、

どうやったら早く治るのか知りたい。


少しでも痛みを軽くしたい。


仕事や家事に差し支えて困っている。


状況や条件によりますが、そんな時に楽にする方法は1つではありません。


突き指でしたら、ひとまず割りばしでも使って添え木にして応急処置をしてから治療に向かう。


治療経過を診て、早く治るように固定方法や状況に応じた使い方を指導してもらう。


腱鞘炎でしたら、手をなるべく使わなくていい状況が作れれば理想的です。


しかし、そんな方は少ないでしょうから、使いやすくする治療や指導を受ける。


ご自分では気づかない癖などがあれば、修正すべきか気にしなくてもいいか、

道しるべのように教えてもらうことも大切です。


当院では、痛めてすぐ来院される方から何年も患っている方まで様々な患者様がいらっしゃいます。


皆さんのお力になれるよう対処しています。

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

しゃがめないお子様への施術方針

しゃがめない小児に対する接骨院での治療方法については、個別の症状や原因により異なります。当院ではお子様の状態を把握し、適切な治療計画を提案します。以下は、一般的な治療方法の例ですが、具体的なケースにより異なることに留意してください。 姿勢評価と調整: 患者様の姿勢を評価し、異常があれば調整を行います。特に脊椎の歪みや骨盤の不調和がしゃがめない原因となる場合があります。 運動療法: 物理療法や運動療

側彎症へのアプローチ法

側湾症は脊椎が横方向に曲がる異常な状態であり、この状態が進行すると姿勢や身体のバランスに影響を与えることがあります。接骨院は、その症状や痛みに対する整体療法やリハビリテーションを提供する場として、側湾症の患者様に対して効果的なケアを行います。 1. 初回診察と姿勢評価: 接骨院では、初回の診察で患者様の側湾症の症状や生活習慣について詳しく聞き取ります。そして、姿勢評価を通じて脊椎の歪みや異常を確認

しゃがめない子供さんの背後に潜む謎:理解とサポート

1. 神経発達の遅れと影響 しゃがめない子供の一因として考えられるのが神経発達の遅れです。神経系の発達が適切に進まないと、姿勢制御や運動機能に影響が出ることがあります。早期の発見と適切なサポートが重要です。 2. 筋肉や関節の制約 筋肉や関節の動きの問題がしゃがめない理由の一つです。これには先天的な問題・外傷や外傷後の経過などが関与することがあります。物理療法や運動療法が有効であり、個別のケースに

Comments


  • Twitter
bottom of page