• 斉藤接骨院

手の痛みには

最終更新: 2019年9月26日

毎日使う手指。


痛くなると、動作や日常生活が不安になることもあると思います。


突き指や腱鞘炎など、

どうやったら早く治るのか知りたい。


少しでも痛みを軽くしたい。


仕事や家事に差し支えて困っている。


状況や条件によりますが、そんな時に楽にする方法は1つではありません。


突き指でしたら、ひとまず割りばしでも使って添え木にして応急処置をしてから治療に向かう。


治療経過を診て、早く治るように固定方法や状況に応じた使い方を指導してもらう。


腱鞘炎でしたら、手をなるべく使わなくていい状況が作れれば理想的です。


しかし、そんな方は少ないでしょうから、使いやすくする治療や指導を受ける。


ご自分では気づかない癖などがあれば、修正すべきか気にしなくてもいいか、

道しるべのように教えてもらうことも大切です。


当院では、痛めてすぐ来院される方から何年も患っている方まで様々な患者様がいらっしゃいます。


皆さんのお力になれるよう対処しています。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

治してもらおうではなくて、一緒に治していくきましょう。(3)

気長に考えることは大事です。 どうしても成果が出るまで、時間がかかる事はあります。 代謝サイクルで変化を待ちながら施術している時とか 日常生活動作、仕事や趣味やスポーツなどの姿勢フォームに偏りがあるケース等です。 筋力低下しているところにアプローチしている時は筋力アップしてくるまでは気持ちのストレスが溜まりやすい時です。 今までの常識が実は間違っていて、一例で言うとウサギ飛び等をしていたとか誤った

治してもらおうではなくて、一緒に治していくきましょう。(2)

筋力が全てではありませんが、極端に筋力低下の部分があればそこは補強した方が良いでしょう。 柔軟性にしても可動域や弾力性が低いならば、そういった部分は改善が必要です。 でも、筋肉を部分的に強く太くすることやある方向だけ関節可動域を広げるのは疑問です。 そこは表裏一体というバランスの良さを求めた方が良いと考えています。 そういう状況状態を適切な治療法を使って、寄り添い早く良くなるお手伝いをするのが治療

治してもらおうではなくて、一緒に治していきましょう(1)

「治してもらおうではなくて、一緒に治していく。」 そういう気持ちで治療を受けないと、なかなか良くはならないでしょう。 3回で治せと言われても自分でも治そうという気がなければ、本来なら早く治るものでもなかなか変わらない。 例えば、片側の歯で食べ物を噛む事が多い人が顔が歪んで見えるとします。 こういう時は反対の歯で噛むようにすれば、いずれ歪みが取れていくでしょう。 それがしづらい時に、顔のマッサージ等

045-721-1148