top of page
  • 斉藤接骨院

骨折のリハビリがなぜ重要なのか、骨折後のリハビリがもたらすメリット

骨折後のリハビリテーションがなぜ重要かについて、いくつかのポイントを挙げてみましょう。

  1. 機能回復と日常生活の復帰:

  • 骨折後のリハビリは、骨折部位周辺の筋肉や関節の機能を回復させることを目指します。正しいリハビリプログラムは、日常生活に必要な機能を取り戻す手助けをします。それにより、通常の動作や活動に戻るための土台を整えます。

  1. 筋力の回復と再構築:

  • 骨折により筋肉が使われなくなると、筋力が低下してしまいます。リハビリは、筋力を回復・再構築し、骨折箇所の周囲の筋肉を強化することで、安定性や機能性を改善します。

  1. 関節の可動域の回復:

  • 骨折により関節の可動域が制限されることがあります。リハビリは関節の可動域や骨折部位周辺の柔軟性も改善し、正常な動きを取り戻す手助けをします。このことは日常生活の動作やスポーツなど、様々な活動において重要です。

  1. 再発予防:

  • 骨折箇所が十分に回復せずに早期に活動を再開すると、再度の骨折や損傷のリスクが高まります。適切なリハビリは、骨折部位の完全な回復と将来の再発を防ぐ役割を果たします。

  1. 心理的な面のサポート:

  • 骨折後のリハビリは、回復のプロセスにおける心理的な側面も支えます。リハビリを通じて進歩を実感し、復帰への希望や自信を与えることができます。

骨折後のリハビリは、治癒だけでなく回復後のQOLを向上させるために極めて重要です。医療専門家と密に連携しながら、個々の状況に合わせたリハビリプランを立てることが大切です。

#骨折 #脱臼 #肉離れ #捻挫 #打撲


閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

しゃがめないお子様への施術方針

しゃがめない小児に対する接骨院での治療方法については、個別の症状や原因により異なります。当院ではお子様の状態を把握し、適切な治療計画を提案します。以下は、一般的な治療方法の例ですが、具体的なケースにより異なることに留意してください。 姿勢評価と調整: 患者様の姿勢を評価し、異常があれば調整を行います。特に脊椎の歪みや骨盤の不調和がしゃがめない原因となる場合があります。 運動療法: 物理療法や運動療

側彎症へのアプローチ法

側湾症は脊椎が横方向に曲がる異常な状態であり、この状態が進行すると姿勢や身体のバランスに影響を与えることがあります。接骨院は、その症状や痛みに対する整体療法やリハビリテーションを提供する場として、側湾症の患者様に対して効果的なケアを行います。 1. 初回診察と姿勢評価: 接骨院では、初回の診察で患者様の側湾症の症状や生活習慣について詳しく聞き取ります。そして、姿勢評価を通じて脊椎の歪みや異常を確認

しゃがめない子供さんの背後に潜む謎:理解とサポート

1. 神経発達の遅れと影響 しゃがめない子供の一因として考えられるのが神経発達の遅れです。神経系の発達が適切に進まないと、姿勢制御や運動機能に影響が出ることがあります。早期の発見と適切なサポートが重要です。 2. 筋肉や関節の制約 筋肉や関節の動きの問題がしゃがめない理由の一つです。これには先天的な問題・外傷や外傷後の経過などが関与することがあります。物理療法や運動療法が有効であり、個別のケースに

Comments


bottom of page