• 斉藤接骨院

首の痛み ふだんの生活を見直す

仕事でパソコン、家事に炊事、学校では教室で長い授業、プライベートでスマホ、首に負担のかかることが多い毎日。


辛くても動けているうちは良いほう。


ひどくなると頭痛や吐き気がしたり、自律神経も乱れてきます。


そんな時は、一度全ての手を止めてみては?


大の字に寝てみたり、腕を伸ばして背伸びをしてみたり、出来ることは色々あるものです。

深呼吸はしてますか?


悩み事を聞いてもらう相手はいますか?


ストレスが減ると、筋肉が緩んで呼吸が楽になることがあります。


お酒より運動や整体の方が、張りつめた緊張感が楽になる事もあります。


日常生活のヒントが見つかると、身体が楽になると思います。


http://www.saitoh-saitoh.com


045-721-1148

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

治してもらおうではなくて、一緒に治していくきましょう。(3)

気長に考えることは大事です。 どうしても成果が出るまで、時間がかかる事はあります。 代謝サイクルで変化を待ちながら施術している時とか 日常生活動作、仕事や趣味やスポーツなどの姿勢フォームに偏りがあるケース等です。 筋力低下しているところにアプローチしている時は筋力アップしてくるまでは気持ちのストレスが溜まりやすい時です。 今までの常識が実は間違っていて、一例で言うとウサギ飛び等をしていたとか誤った

治してもらおうではなくて、一緒に治していくきましょう。(2)

筋力が全てではありませんが、極端に筋力低下の部分があればそこは補強した方が良いでしょう。 柔軟性にしても可動域や弾力性が低いならば、そういった部分は改善が必要です。 でも、筋肉を部分的に強く太くすることやある方向だけ関節可動域を広げるのは疑問です。 そこは表裏一体というバランスの良さを求めた方が良いと考えています。 そういう状況状態を適切な治療法を使って、寄り添い早く良くなるお手伝いをするのが治療

治してもらおうではなくて、一緒に治していきましょう(1)

「治してもらおうではなくて、一緒に治していく。」 そういう気持ちで治療を受けないと、なかなか良くはならないでしょう。 3回で治せと言われても自分でも治そうという気がなければ、本来なら早く治るものでもなかなか変わらない。 例えば、片側の歯で食べ物を噛む事が多い人が顔が歪んで見えるとします。 こういう時は反対の歯で噛むようにすれば、いずれ歪みが取れていくでしょう。 それがしづらい時に、顔のマッサージ等

045-721-1148