top of page
  • 斉藤接骨院

治してもらおうではなくて、一緒に治していきましょう。(2)

更新日:2021年8月10日

筋力が全てではありませんが、極端に筋力低下の部分があればそこは補強した方が良いでしょう。

柔軟性にしても可動域や弾力性が低いならば、そういった部分は改善が必要です。

でも、筋肉を部分的に強く太くすることやある方向だけ関節可動域を広げるのは疑問です。

そこは表裏一体というバランスの良さを求めた方が良いと考えています。

そういう状況状態を適切な治療法を使って、寄り添い早く良くなるお手伝いをするのが治療家です。

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

起床時の腰の痛みの対処法

朝起きた時に腰が痛む場合、いくつかの対策や改善方法があります。ただし、腰痛の原因は様々であり、それぞれの状況によって最適な対処法が異なります。ここでは一般的なアプローチを紹介しますが、専門家のアドバイスを受けることも重要です。 適切な睡眠姿勢: 寝る際の姿勢や寝具が腰痛に影響を与えることがあります。マットレスの硬さや枕の高さを調整して適度な寝返りが打てると良いでしょう。また、横向きで膝を曲げたり、

ランニングと坐骨神経痛の関係

ランニングと坐骨神経痛の関連性は非常に重要で、ランナーは坐骨神経に対するケアと予防に注意を払うべきです。坐骨神経痛はしばしば腰から臀部、大腿部、下腿部にかけての痛み、しびれ、または痛みの放射痛を伴います。以下では、坐骨神経痛の原因やリスク要因について詳しく説明します。 原因1: 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアは、腰椎にある椎間板の中から一部が脱出する状態です。ランナーが過度なストレスをかけたり、不

ゴルフと腰痛: スイングの改善と接骨院の重要性

​①ゴルフは素晴らしいスポーツであり、リラックスとエクササイズを兼ね備えた素晴らしい方法です。しかし、ゴルフを楽しむためには体の健康が欠かせません。腰痛はゴルフプレイヤーにとってよくある問題で、その関係性と、接骨院が腰痛の改善にどれほど役立つかについて説明します。 ​②​ ゴルフはスイングの繰り返し運動が主要な要素であり、誤ったスイングは腰部への負担を増加させます。長時間のラウンドや練習が、腰痛の

Comments


  • Twitter
bottom of page