• 斉藤接骨院

急な痛みやケガの時に

最終更新: 2019年9月20日

最初にする事としてRICE処置が大切です。


R→痛めた箇所(患部)を使わない。腕なら雑誌を丸めて添え木にしたり、足腰でしたらひとまず寝てしまう又は杖をついたり傘を杖代わりにして体重を逃すようにします。


I →冷やす。氷でも流水でも構いません。凍傷に注意。


C→包帯やサポーターなどで、きつくならない・たるまないように巻いて、出血など腫れを最小限に抑えます。


E→患部を高く上に挙げる。手などは疲れない程度に心臓より高く挙げておくことや三角巾やそれに代わるもので吊ってしまう。

足は仰向けでバスタオルなどを下に敷いておけばいいのですが、症状によって異なります。足首の捻挫でしたら、腫れている間はベッドの端から踵が出るように寝る方が良いと思います。


これらをした上で、早く診てもらうこと、整復(定位置に患部を定位置に戻す)や固定(包帯やテーピングなどで済む時もあります)をして早く治すことです。


http://www.saitoh-saitoh.com


045-721-1148


#RICE処置 

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

治してもらおうではなくて、一緒に治していくきましょう。(3)

気長に考えることは大事です。 どうしても成果が出るまで、時間がかかる事はあります。 代謝サイクルで変化を待ちながら施術している時とか 日常生活動作、仕事や趣味やスポーツなどの姿勢フォームに偏りがあるケース等です。 筋力低下しているところにアプローチしている時は筋力アップしてくるまでは気持ちのストレスが溜まりやすい時です。 今までの常識が実は間違っていて、一例で言うとウサギ飛び等をしていたとか誤った

治してもらおうではなくて、一緒に治していくきましょう。(2)

筋力が全てではありませんが、極端に筋力低下の部分があればそこは補強した方が良いでしょう。 柔軟性にしても可動域や弾力性が低いならば、そういった部分は改善が必要です。 でも、筋肉を部分的に強く太くすることやある方向だけ関節可動域を広げるのは疑問です。 そこは表裏一体というバランスの良さを求めた方が良いと考えています。 そういう状況状態を適切な治療法を使って、寄り添い早く良くなるお手伝いをするのが治療

治してもらおうではなくて、一緒に治していきましょう(1)

「治してもらおうではなくて、一緒に治していく。」 そういう気持ちで治療を受けないと、なかなか良くはならないでしょう。 3回で治せと言われても自分でも治そうという気がなければ、本来なら早く治るものでもなかなか変わらない。 例えば、片側の歯で食べ物を噛む事が多い人が顔が歪んで見えるとします。 こういう時は反対の歯で噛むようにすれば、いずれ歪みが取れていくでしょう。 それがしづらい時に、顔のマッサージ等

045-721-1148