• 斉藤接骨院

サポーターやコルセットを使う理由

最終更新: 2019年11月9日

ケースによって、杖・サポーター・コルセット・テーピング・包帯固定などを使うときがあります。


これは、無理のない支持でバランスよく早く回復を図るためです。


痛い怖いと感じれば無駄な力が入ったり、連動してフォームが崩れてしまうものです。


例えば、平均台を1人で渡ろうとすると無意識に力が入って落下してしまうかもしれません。


でも、誰かが手を貸してくれたり一緒に歩いてくれれば楽にに歩けるようになります。


痛みに対して、あとで怖さを残さない・長引かせないためには積極的に使っていくことです。


痛みから正しい使い方を忘れてしまうことがあります。


専門家の判断を仰ぎながら、目的にあったものを利用して早く正しく治すべきです。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

治してもらおうではなくて、一緒に治していくきましょう。(3)

気長に考えることは大事です。 どうしても成果が出るまで、時間がかかる事はあります。 代謝サイクルで変化を待ちながら施術している時とか 日常生活動作、仕事や趣味やスポーツなどの姿勢フォームに偏りがあるケース等です。 筋力低下しているところにアプローチしている時は筋力アップしてくるまでは気持ちのストレスが溜まりやすい時です。 今までの常識が実は間違っていて、一例で言うとウサギ飛び等をしていたとか誤った

治してもらおうではなくて、一緒に治していくきましょう。(2)

筋力が全てではありませんが、極端に筋力低下の部分があればそこは補強した方が良いでしょう。 柔軟性にしても可動域や弾力性が低いならば、そういった部分は改善が必要です。 でも、筋肉を部分的に強く太くすることやある方向だけ関節可動域を広げるのは疑問です。 そこは表裏一体というバランスの良さを求めた方が良いと考えています。 そういう状況状態を適切な治療法を使って、寄り添い早く良くなるお手伝いをするのが治療

治してもらおうではなくて、一緒に治していきましょう(1)

「治してもらおうではなくて、一緒に治していく。」 そういう気持ちで治療を受けないと、なかなか良くはならないでしょう。 3回で治せと言われても自分でも治そうという気がなければ、本来なら早く治るものでもなかなか変わらない。 例えば、片側の歯で食べ物を噛む事が多い人が顔が歪んで見えるとします。 こういう時は反対の歯で噛むようにすれば、いずれ歪みが取れていくでしょう。 それがしづらい時に、顔のマッサージ等

045-721-1148