• 斉藤接骨院

サポーターやコルセットを使う理由

更新日:2019年11月9日

ケースによって、杖・サポーター・コルセット・テーピング・包帯固定などを使うときがあります。


これは、無理のない支持でバランスよく早く回復を図るためです。


痛い怖いと感じれば無駄な力が入ったり、連動してフォームが崩れてしまうものです。


例えば、平均台を1人で渡ろうとすると無意識に力が入って落下してしまうかもしれません。


でも、誰かが手を貸してくれたり一緒に歩いてくれれば楽にに歩けるようになります。


痛みに対して、あとで怖さを残さない・長引かせないためには積極的に使っていくことです。


痛みから正しい使い方を忘れてしまうことがあります。


専門家の判断を仰ぎながら、目的にあったものを利用して早く正しく治すべきです。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

原因がわからない時の痛み

片方の背中が痛いとき、じっと安静にしていても痛いようでしたら帯状疱疹を疑うこともあります。 片側のお尻から足へかけて痛みがあるときも、腰や臀部からの症状かもしれないし帯状疱疹の痛みの時もあります。 痛めたきっかけがはっきりしない痛みの時は、筋・筋膜や骨格系の痛みとは違うことがありますから、様子や経過をみて症状が変わらない時やひどくなる時はお早めに専門家にご相談ください。 #原因不明#帯状疱疹

POLICE処置

ケガをしたら速やかにRICE処置が大切です。 氷で冷やすこと・包帯を巻くこと・週刊誌を副え木代わりにしたり装具やサポーターを使うことなど、出来る範囲で固定して早く専門家にかかることです。 C(圧迫)に包帯や装具などの固定の意味が入っているものと思っていたのですが、 Protection(保護)のPに分類されるそうです。 また、徐々に経過とともに体重を乗せて動いていくことや負荷をかけて可動域を広げて

治してもらおうではなくて、一緒に治していきましょう。(3)

気長に考えることは大事です。 どうしても成果が出るまで、時間がかかる事はあります。 代謝サイクルで変化を待ちながら施術している時とか 日常生活動作、仕事や趣味やスポーツなどの姿勢フォームに偏りがあるケース等です。 筋力低下しているところにアプローチしている時は筋力アップしてくるまでは気持ちのストレスが溜まりやすい時です。 今までの常識が実は間違っていて、一例で言うとウサギ飛び等をしていたとか誤った