top of page
  • 斉藤接骨院

ぎっくり腰の回復に向けて 体操やトレーニング

更新日:2023年12月1日

ぎっくり腰の回復には、軽いストレッチや筋力トレーニングが効果的です。以下はぎっくり腰の回復に役立ついくつかの体操やトレーニングの例です: 但し、急性期(受傷後2~3週間)は無理をしてまで行う必要はないこと、また出来そうな時は腰をコルセットやサポーター類でしっかり固定しながら無理なく行っていくことの2点を気を付けて行うことです。

  1. 軽いストレッチ

    • 仰向けに寝て、ひざを胸に引き寄せるストレッチ。

    • 仰向けに寝て、両膝を曲げ、片方の膝を対向する肩の方向にゆっくりと倒すストレッチ。

    • 背筋を伸ばして、両ひざを軽く曲げて上体を前屈させるストレッチ。

    • ラジオ体操


  1. コア・筋力トレーニング(急性期が過ぎてから)

    • プランクやブリッジなどのコアを強化するトレーニング。

    • 腹部筋や背中の筋肉を鍛えるトレーニングを行うことで、背骨を支える筋肉を強化します。


  1. ウォーキングや軽い有酸素運動

    • 腰に負担をかけない程度に、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を行うと、血流が良くなり回復を促進します。


ただし、ぎっくり腰の症状は個人によって異なるため、専門家と相談して個別のアドバイスを受けることが重要です。原因が不明で急な激痛がある場合は、安静にして医療機関を受診することをお勧めします。


https://www.saitoh-saitoh.com/


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

しゃがめないお子様への施術方針

しゃがめない小児に対する接骨院での治療方法については、個別の症状や原因により異なります。当院ではお子様の状態を把握し、適切な治療計画を提案します。以下は、一般的な治療方法の例ですが、具体的なケースにより異なることに留意してください。 姿勢評価と調整: 患者様の姿勢を評価し、異常があれば調整を行います。特に脊椎の歪みや骨盤の不調和がしゃがめない原因となる場合があります。 運動療法: 物理療法や運動療

側彎症へのアプローチ法

側湾症は脊椎が横方向に曲がる異常な状態であり、この状態が進行すると姿勢や身体のバランスに影響を与えることがあります。接骨院は、その症状や痛みに対する整体療法やリハビリテーションを提供する場として、側湾症の患者様に対して効果的なケアを行います。 1. 初回診察と姿勢評価: 接骨院では、初回の診察で患者様の側湾症の症状や生活習慣について詳しく聞き取ります。そして、姿勢評価を通じて脊椎の歪みや異常を確認

しゃがめない子供さんの背後に潜む謎:理解とサポート

1. 神経発達の遅れと影響 しゃがめない子供の一因として考えられるのが神経発達の遅れです。神経系の発達が適切に進まないと、姿勢制御や運動機能に影響が出ることがあります。早期の発見と適切なサポートが重要です。 2. 筋肉や関節の制約 筋肉や関節の動きの問題がしゃがめない理由の一つです。これには先天的な問題・外傷や外傷後の経過などが関与することがあります。物理療法や運動療法が有効であり、個別のケースに

  • Twitter
bottom of page