top of page
  • 斉藤接骨院

ぎっくり腰の回復に向けて 体操やトレーニング

更新日:2023年12月1日

ぎっくり腰の回復には、軽いストレッチや筋力トレーニングが効果的です。以下はぎっくり腰の回復に役立ついくつかの体操やトレーニングの例です: 但し、急性期(受傷後2~3週間)は無理をしてまで行う必要はないこと、また出来そうな時は腰をコルセットやサポーター類でしっかり固定しながら無理なく行っていくことの2点を気を付けて行うことです。

  1. 軽いストレッチ

    • 仰向けに寝て、ひざを胸に引き寄せるストレッチ。

    • 仰向けに寝て、両膝を曲げ、片方の膝を対向する肩の方向にゆっくりと倒すストレッチ。

    • 背筋を伸ばして、両ひざを軽く曲げて上体を前屈させるストレッチ。

    • ラジオ体操


  1. コア・筋力トレーニング(急性期が過ぎてから)

    • プランクやブリッジなどのコアを強化するトレーニング。

    • 腹部筋や背中の筋肉を鍛えるトレーニングを行うことで、背骨を支える筋肉を強化します。


  1. ウォーキングや軽い有酸素運動

    • 腰に負担をかけない程度に、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を行うと、血流が良くなり回復を促進します。


ただし、ぎっくり腰の症状は個人によって異なるため、専門家と相談して個別のアドバイスを受けることが重要です。原因が不明で急な激痛がある場合は、安静にして医療機関を受診することをお勧めします。


https://www.saitoh-saitoh.com/


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

暑さに対して身体はどんな風に適応しているのか

暑い環境において、私たちの体はさまざまな方法で適応し、体温を調節しています。ここでは、汗腺の働き、血管の拡張と血流の調整、そして長期的な適応について詳しく説明します。 汗腺の働きと発汗による体温調節 汗腺の構造と機能 汗腺は皮膚に分布する小さな管状の腺で、主にエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。エクリン汗腺は全身に広く分布し、特に手のひら、足の裏、額に多く見られます。一方、アポクリン汗

夏休みやレジャーシーズンにおける交通事故やスポーツでの怪我について

夏休みやレジャーシーズンには、楽しい時間を過ごす反面、事故や怪我のリスクも増えます。ここではその原因や予防策について考えてみましょう。 1. 交通事故 夏休み期間はご家族やご友人との旅行や外出が増えるため、交通事故のリスクも高まります。特に以下の点に注意が必要です。 長距離運転の疲労: 長時間の運転で疲れが蓄積しやすいので、適度の休憩を取ることや運転前に十分な休息を取ることが大切です。 渋滞や混雑

しゃがめないお子様への施術方針

しゃがめない小児に対する接骨院での治療方法については、個別の症状や原因により異なります。当院ではお子様の状態を把握し、適切な治療計画を提案します。以下は、一般的な治療方法の例ですが、具体的なケースにより異なることに留意してください。 姿勢評価と調整: 患者様の姿勢を評価し、異常があれば調整を行います。特に脊椎の歪みや骨盤の不調和がしゃがめない原因となる場合があります。 運動療法: 物理療法や運動療

Comments


bottom of page